バイクを購入前に考慮すべき事項とは

yuta19940322 0
retro motorbike in river port against ships

バイクを購入するとき、かっこいいバイクや限定モデルですぐに売り切れそうなバイクを目にするとすぐに飛びつきたくなると思います。

ですが、一度ここで冷静になって、自分のバイク選びが正しいのかを考えてみましょう。

そんな時にこの記事の内容を思い出して、いいバイクと巡り合ってください!

1.バイクの選び方と選んだ時に考慮する内容

1980年代ほどではありませんが、現在でも様々なバイクが新車で販売され、毎年新型モデルが発売されています。
予算と免許の条件さえあればどんなバイクでも購入可能ですが、中古車も含めると選択肢が多すぎて、どれを買っていいのか、と迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そういった場合の選び方としては、ずばり「一目惚れしたバイクを買う」ことをおすすめします。

一目惚れしたバイクを選んだ場合、ポジションがきつい、乗り心地が悪い、燃費が悪いなどといったネガティブな要素もかわいく思えてくるものです。
何かしらの理由で妥協し購入したバイクは、些細な欠点も次第に大きく感じてしまい、どんどんストレスとなっていきます。
せっかく購入したのに、やがて乗らなくなるということになりがちです。

雑誌やWebサイトを色々と見て、ビビっと来るバイクがあれば、それが買いです。
中型二輪免許しか持っていないけど大型バイクに一目惚れした、という場合は大型免許を取ってしまいましょう。
それだけの価値はあります。
予算が合わない、という場合でも、少し頑張ってみましょう。
購入した暁には、一層の愛着が沸きますよ。

2.中古車を購入する際に注意するべきこと

子供の頃に見て以来このバイクにあこがれていた、という理由でバイクを選択するのは素晴らしいことですが、古すぎるバイクを維持するのはなかなか大変です。
自動車部品は販売終了後、10年は保証されていますが、それ以降はメーカーの在庫次第となります。
部品が無く修理できないために手放さざるをえない、という状況も発生します。
現在はオークションサイトや個人売買サイトなどで昔よりも入手性は上がっていますが、古いオートバイを購入する場合は注意と覚悟が必要です。
そのバイクに惚れ込んだばかりに、1980年代からずっと同じバイクに乗っているという奇特な方もいますが
「向こう30年分のオイルフィルターは確保している」
「部品取り用として2台保有している」
というように、自分自身でなんとかしているそうです。

中古車を扱う販売店についても、一昔前に比べるとずっと健全になっていますが、それでも海千山千のショップも多くあります。
おかしな物をつかまされることもありますので、購入するショップ選びにも注意しましょう。
中古車を買う場合は、中古車そのものよりもショップ選びを重視した方がいいかもしれません。

また、メーカー直営のショップでは、たいてい「認定中古車」という制度があります。
認定中古車は中古車ながら品質が保証されており、安心して購入することができる中古車となっています。
比較的新しいオートバイしか扱っておらず、相場より少しだけ高額になる傾向がありますがトラブルに合う確率は低くなり、保証もつきます。
安心を買う、という意味でも認定中古車はおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *